一人で悩むのではなく、まず身近な現地の会社の人とコミュニケーションを取れる様にしましょう。

言葉の壁

海外赴任をするときに一番最初に当たる壁は「言葉の壁」です。
言葉の壁は海外赴任前に考えているよりも大きな壁で、多くの人が悩む問題であり、人によってはストレスが大きくなってしまい精神に障害を起こしてしまう人も出てきてしまいます。

 

海外赴任をするに当たり、「言葉の壁」にどのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

海外赴任前に語学学校へ行く

海外赴任前に赴任先の言語の勉強をしておくとよいでしょう。
日本でもたくさんの語学学校があり、様々な国の言語を学ぶ事が出来ます。
大勢の生徒の中で学ぶスクールで学ぶのも良いですが、自信が無ければマンツーマンの授業を受けてみるのも良いでしょう。インターネット上でも学ぶ事ができます。

 

 

現地で語学学校へ行く

海外赴任先の現地で語学に自信が無いようであれば、現地の語学学校に行くと言う手段があります。どこにあるのかわからなければ、同じように海外赴任で来ている日本人に聞いてみるのも良いでしょう。
また、同じ会社の現地の人に言葉を教えてもらうと言う手段もあります。

 

 

習うより慣れる

どんなに勉強をしていても、いざ海外赴任先の現地に赴くと、パニックになってなかなか思ったように言葉を話せないという事もあるでしょう。
また、日本人は「恥ずかしくて外国語を話せない」という性格の多い人種です。
また、「現地の言葉を話せないから辛い」と考え込んでストレスを抱えやすい人種でもあります。

 

一人で悩むのではなく、まず身近な会社の現地の人とコミュニケーションを取れる様に頑張ってみましょう。一人で厳しいようなら、同じように日本から赴任してきている人に手伝ってもらいましょう。
「人に迷惑をかける」と思う前に「誰かに協力してもらう」ことを考えましょう。

 

休みの日には積極的に買い物や外食などを一人で行ってみましょう。
最初は上手にできなくても身振り手振りでなんとか伝えられるように努力する事が大切です。