ヨーロッパ諸国のほとんどが水道水を安全に飲めますが、硬水なので日本人の体には合わないかも?

水事情

海外赴任で気をつけることの一つに「現地での水事情」があります。

 

日本では水道水から出る水は安全であり、そのまま飲める事が普通ですが、それはとても珍しい事であり、どの国でも水道水がそのまま飲めるわけではありません。

 

ほとんどの国では飲用する水はミネラルウォーターを購入する事で補っています。

 

アジア諸国に海外出張になった場合

水道水はそのまま飲用しないほうが良いでしょう。
唯一アラブ首長国連邦では水道水は安全だと言われていますが、現地の人々であってもミネラルウォーターを購入して飲用しているので、海外赴任でアラブ首長連邦に赴いたとしてもミネラルウォーターを購入したほうが無難と言えるでしょう。

 

オセアニア諸国に海外赴任になった場合

水道水が安全に飲める国はオーストラリアとニュージーランドです。
心配であれば一度煮沸して飲用するとかミネラルウォーターを購入する手段もありますが、オーストラリアのミネラルウォーターは高額のものがほとんどです。
ニュージーランドの水道水は地域によってはおいしい水道水を飲む事もできますし、多くの地域では水道水にフッ素が入っています。

 

アフリカ諸国でも南アフリカ・レソト・モザンピーク

この3カ国であれば水道水の飲用は可能です。
しかし、モザンビークの場合は、外務省より水道水を煮沸してから飲用するように言われています。

 

ヨーロッパ諸国

ほとんどの国で安全に水道水を飲用する事が出来ます。
特にアイスランド・オーストリアではおいしい水道水を飲む事が出来ます。
しかし、ヨーロッパ諸国の水道水のほとんどは硬水であり、日本の軟水を飲みなれている日本人だと、飲みにくかったり体質的に合わない方も居ます。
その場合は軟水のミネラルウォーターを購入すると良いでしょう。

 

アメリカやカナダなど

国土の大きい国であると、地域によって水事情が異なってきます。

 

海外赴任の現地の水事情は赴任前にきちんと確認しておきましょう。