日本人学校は日本政府から派遣された日本人教師が、日本の検定教科書を使って指導に当たります。

子供の学校について

海外赴任先に家族で行こうと決めた場合、まず悩むのは「子供の学校をどうするか」ではないでしょうか?

 

海外で子供を学校に行かせる場合、どのような選択肢があるのでしょうか?

 

 

日本人学校

日本政府から派遣された教師を中心とする日本人教師が日本の検定教科書を使って指導に当たってくれるので、日本に居るときとあまり差が無い教育を子供に受けさせる事が出来ます。
また、学校に通っているのも日本人なので、子供がいきなり「言葉の壁」に当たる事もありません。
教育レベルが低いのでは?と心配する親御さんも多いようですが、教育内容的には問題ないと言えるでしょう。

 

勉強イメージ画像

日本人学校は小学校・中学校に通う年齢の子供たちが対象です。滞在国の言葉や文化を学ぶ事もできるので、現地の言葉に少しずつなじんでいく事もできます。
滞在期間が長いようなら、まず日本人学校で学び、語学に自信がついてきてから現地の学校に編入する、といった手段を考えるのも良いでしょう。

海外赴任での『言葉の壁』

 

 

現地校

赴任先の国にある公立校の事で、日本にある公立の小学校や中学校や高校などと同じものになります。当たり前ですが現地の言葉での指導が行われます。
現地の子供たちと直接触れ合う事が可能です。
しかし、言葉がわからないと授業内容も理解できませんし、コミュニケーションも取り図らいかもしれません。
しかし、子供は順応性が高い子であれば、あっさり溶け込む事も可能でしょう。

 

 

補習授業校

現地校などに通う子供を対象に、土曜日や平日の夕方の時間を利用して日本の学校で行っている授業を受ける事が出来る学校です。
日本政府も認知しており、日本人が日本の検定教科書を利用して授業を行っています。
いつか日本に帰国し、日本で教育を受けさせるのであれば、現地校と一緒に補修授業校へ通っておいたほうがよいでしょう。