アメリカは家族を大切にする国なので、家族との時間を日本にいるときよりも増やすことが出来ます。

人気の海外赴任先

海外赴任先は、各企業によって設置している支店や展開している事業や業種によって異なってきます。
日本から海外赴任するにあたり、どの国が人気の海外赴任先なのでしょうか?

 

アメリカ

世界最大の経済大国であるアメリカには多くの企業の支店が置かれていたり、事業展開しています。アメリカは世界的に見ても海外赴任先として人気が高い国でもあります。
アメリカに海外赴任する場合、家族で赴任先に移動する事も多くあるようです。
アメリカは家族を大切にする国なので、夜仕事の後にのみに行くと言う事がほとんど無く、社員とのコミュニケーションはランチタイムで行われます。
家族との時間を日本に居るときよりも増やす事が出来ます。
またアメリカは英語圏なので、仕事をしているうちに英語を勉強する事が出来、自然に英語力があがるので、その後の仕事にも役立たせる事ができます。

北米圏への引越し

 

シンガポール

シンガポールは他の国と比べても法人税が安いため、日本企業からもIT企業や金融系など多くの会社が進出している国です。
その他の国からも進出している企業が多いため、様々な国の人たちとコミュニケーションをとる事が出来ます。
シンガポールは熱帯地域なので年中暑く、日差しも強い日が多いのですが、湿気が少ない為日本の夏よりも過ごしやすい国です。
また秩序が守られている国なので、道端にタバコやごみが落ちている事はなく、とてもきれいな町並みを楽しむ事ができます。

アジア圏への転勤

 

イギリス

イギリスの首都ロンドンには2,500人ほどの日本人が住んでおり、日本人の居住エリアはほとんど決まっている為、きちんとコミュニケーションをとるようにすれば孤独にさいなまれるようなことはあまりまりません。
英会話ができなくても現地で英会話教室に通って勉強すると言う手段もあります。
また日本とは違って公共医療機関は無料で利用する事が出来ます。
しかし、かなり長時間待たされる事になるので、急を要する場合は私立病院(プライベートクリニック)を利用するほうが良いでしょう。

ヨーロッパ圏への転勤