海外赴任先で多い国は、アメリカ・中国をはじめとしたアジア・ドイツをはじめとしたヨーロッパが多いです。

海外赴任先に多い国

海外赴任先となる国はそれぞれの会社が展開している国によって変わってきますし、業種によっても傾向が出てきます。

パスポート

 

海外赴任先として、人気が高い国や低い国、評判の良し・悪しなどがありますが、ここでは全般的に日本人が赴任される事が多い国について紹介していきます。

 

 

 

アメリカ

世界最大の経済大国という事だけあって、様々な会社が拠点や取引先を持っています。
アメリカの中でも、赴任先の地域によって状況が大きく変わってきますが、全般的に人気は高く家族帯同する人も多い赴任先にもなっています。

 

 

中国

日本から近いという点と、製造コストが安い利点から中国に工場などを持つ製造業の会社が多いです。一時期は反日デモ問題なども話題になりましたが、最近では落ち着きを取り戻し、多くの日本人が赴任されている定番の赴任先の一つでもあります。

 

中国の中でも上海語北京語で公用語が分かれているなど、難しい点も多い赴任先でもあります。

 

 

シンガポール

法人税が安い点から、シンガポール進出する日本企業が多いです。
製造業よりも、IT系や金融系が多い傾向もあります。

 

海外赴任先としても人気は高い国で、ゴミのポイ捨てが厳罰化されているなど、秩序が守られている国としても有名です。

 

 

インドネシア

近年の経済成長が著しく、新規に参入する企業も多いのが特徴。
海外赴任となった場合は、会社の中でも現地の情報が少なく苦労する傾向が多いのも特徴です。

 

実際に海外赴任した人の声を聞くと物価が安いので、

  • 安い値段で敷地内やその周辺でなんでも揃う
  • 一等地のタワーマンションに住める

など、評判は意外と高いです。

 

 

ドイツ

ヨーロッパの中でも日本人の海外赴任が多いとも言われている国です。
日本のお家芸の自動車産業も盛んな国でもあり、戦前から日本とドイツは同盟を結んでいた仲の良い国という名残もあります。

 

ビールやソーセージなど食事も美味しく、海外赴任先の人気の定番ヨーロッパの中の先進国の一つだけあって、人気も高く評判も良いです。

 

 

インド

中国に次いで製造業などで注目を高めているのがインドです。
市場としても世界トップクラスの人口を誇っているだけあって、さまざまな業種や各国が注目をしている国です。

 

まだまだ先進国に比べれば遅れを持っている国でもあり、衛生面なども至らぬ所が多いだけに、赴任先の人気としては低い傾向があります。

 

赴任先によって変わってくるビザの申請方法