ヨーロッパ圏は、一部の北欧地域を除いて日本人でも住みやすい環境が多いです。

ヨーロッパ圏への引越し~衣食住の特徴

 

衣類

全般的に四季がある国が多く、季節に応じて洋服を変えていく事が必要になります。
冬は日本よりも厳しい寒さがある事も多いので、防寒対策もしっかり考えておくとよいでしょう。

 

先進国であれば、オシャレな洋服屋さんもたくさんありますが、日本よりも物価が高いケースも多いので、なるべく日本から衣類をたくさん持っていく事もオススメです。

 

北欧になると、状況は大きく変わって夏服が必要ないケースや、
日本で着る冬服だけでは対応できない場合もあります。

 

ヨーロッパも広く気候の違いも多いので、事前にしっかりリサーチしておくようにしましょう。

 

 

食事

ヨーロッパは全般的に食事が美味しく人気の海外赴任先になっています。
イタリアをはじめ、パスタ中心の食事となっている国も多く、物価が高い国でもパスタだけは安く売っているケースがあります。

 

先進国の主要都市であれば、日本食が手に入りやすい環境も多く、食事に対して困るケースは他の地域に比べて少ないと言われています。

 

それぞれの国に美味しい特産品があるので、せっかくのヨーロッパ転勤なので、食事は思う存分楽しむようにしましょう。

 

郊外になると日本色が揃う環境がなく、美味しい食事があっても、長く住んでいると飽きてしまうので、インスタント食品などをたくさん持っていく事が必要な場合もあります。

 

 

住居

先進国であれば、どこの地域でもそれなりの質の賃貸物件は充実しています。

 

先進国の主要都市であれば、日本の東京よりも家賃相場が高いケースもあります。
海外赴任の辞令が出た段階で会社側が住居を手配してくれるのかや住宅手当の内容をしっかり確認しておく事が必要です。

 

ヨーロッパの中の都会と呼ばれる地域でも、場所によっては治安が悪く夜は出歩けないケースも多いので、セキュリティー面もしっかりしている住宅を選ぶようにすると良いでしょう。

 

場所によっては、電車で気軽に隣国へ遊びに行けるケースもあるので、交通の便なども確認しておくとよいでしょう。
交通の便は、地域によりますがバスやタクシーも充実していて、日本ほど便利でないかもしれないですが、比較的不自由なく生活できる地域が多いです。

 

アジア圏の生活環境についてはこちら