定期的にSkype等を利用すれば、離れていても家族とのコミュニケーションを取ることが出来ます。

単身赴任という選択肢

勤めている会社から海外赴任を告げられた場合、最初に悩むのは「家族で赴任する」か、「単身赴任するか」だと思います。
家族で行くとなると、子供の学校の問題、家族の仕事の問題、住んでいる家の問題、など色々考えると、やはり単身赴任で、という結論になる人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは単身赴任で海外赴任する場合のメリットやデメリットをご紹介しようと思います。

 

 

単身赴任で海外赴任するときのメリット

家族と離れて一人で見知らぬ土地で生活する事に不安を覚える方も少ない無いでしょう。
しかし「仕事」として海外に赴任するわけですから、他の人とのコミュニケーションもありますし、「孤独」感を感じることは少ないと言えるでしょう。
最初は寂しい思いをしたとしても、数日立てば、久しぶりの「一人」の生活が自由で気楽で楽しくなってきます。

 

また、日本に居る家族と連絡を取るときも、昔とは違ってSkype等を利用してインターネットでお金をかけることなくTV電話をする事もできます。
定期的に日本の家族と連絡を取るようにすれば、家族とのコミュニケーションもしっかりとることもできます。

 

また、日本に残る家族のほうにも会社から「国内支払手当」が支給されるため、金銭的な家族の生活を心配する事もありません。

 

 

単身赴任で海外赴任するときのデメリット

一番の問題は今まで食事などで健康管理してくれた家族が居ない為、食生活が簡単に乱れてしまったり、体調を崩したときに面倒を見てくれる人がそばに居ない事です。

 

また、海外赴任が長期にわたってしまうと、日本に残した家族となかなか会う機会も取れないため、いくらSkypeなどで定期的に連絡を取っていても寂しくて精神的に落ち込んでしまう事もあるかもしれません。