海外赴任者はネットバンクとクレジットカードが必須アイテムとなっている事が多いです。

日本の銀行口座はどうなる?

海外赴任が決まった場合、日本で使用している銀行口座は残しておく事が一般的です。

 

通常は海外赴任になった場合でも、本社から日本円の振込で給与を支払う事が一般的です。

 

そこでポイントになってくるのが、家族が帯同する場合です。

家族を日本に残せば、住所も家も残るので特に問題はありませんが、銀行の場合は日本に在住という条件を満たさないと口座を維持できない場合もあります。

 

もちろん実際は住民登録が国内から消えた瞬間に銀行に対応されてしまう事はありませんが、
事前に銀行に相談して、実家や親戚など、銀行からの連絡窓口になれる人の電話番号は伝えておいた方が良いでしょう。

 

日本への送金が多い場合はネットバンクが便利

家族を家に残したり、日本国内にいる人に対しての送金を頻繁に行わないと行けない事情がある人はネットバンクを持っておくとよいでしょう。

 

ネットバンクも本来は国内在住の方が口座を持てる条件ですが、海外赴任前に作ってしまえば問題なく利用できます。

 

日本の会社から日本円で給与を振り込んでもらえれば、ネットバンクから自由に送金する事が可能ですし、現地の口座から海外送金するよりも大幅にコスト削減が可能になります。

 

 

海外赴任する人はクレジットカード生活が主流

給与の一部など、少額のお金をその都度現地の通貨に両替するのは高い手数料がかかってしまいますし、日本円に慣れている日本人は海外のお金を扱うのは、慣れるのに時間がかかります。

 

そこで海外赴任者で定番となっているツールがクレジットカードです。

 

VISAやマスターカードなど海外でも幅広く使えるカードを持っておくとよいでしょう。
できれば海外赴任前に、カードがどれだけ使えるかを確認しておく事が大切で状況によっては、現地のカード会社を利用した方が利便性が高い場合もあります。

 

カードを持っていても、最低限の現金を持つ事は必要ですが、できる範囲はカードで済ませる事で、慣れない海外の生活もスマートになり、ネットバンクとカードのオンライン機能を併用すれば、お金の管理も簡単になります。